ひな祭りのお人形

雛人形

どのような種類があるのか

雛祭りに欠かせない雛人形はもともと紙で作った人形であり、この人形を河に流して自分に対する災いを紙人形と一緒に河に流してしまう風習でした。そのような状況が変わったのが江戸時代、女子の遊びであった人形あそびと端午の節句が合わさりあい、江戸時代の上級武家の嫁入り道具となったことで、現在のひな人形の原型が出来上がりました。現在みられる雛人形は朝廷における偉い人の姿の模して造られた人形がほとんどです。種類を挙げるといわゆるお内裏様とお雛様と呼ばれることが多い雛壇の一番上に飾られる内裏雛、宮中に仕えている女性をモデルにし、2段目に配置される三人官女、能をお囃子を奏でる5人の楽人を模し、3段目に配置される五人囃子が現在の雛人形の基本的な構成です。大規模な雛飾りだと五人囃子の下に右大臣・左大臣と呼ばれる随身の人形が、5段目に三人上戸と呼ばれる人形を配置しています。さらに、メーカーによってはこれらの人形以外にも様々な人形を用意しています。雛人形の並べ方ですが、現在では男雛を右側に配置することが多いのですが、大正期以前は左の方が上のくらいだったため、雛人形も男雛を左側に配置していました。しかし、明治維新後に西洋の文化が流入するとともに右側に男性が立つ西洋の風習が入り、雛人形も右側に男雛を配置するようになりました。日本の伝統文化とされる雛人形ですが、現在の形になるまで外国の文化の影響を受けつつ育っていったのです。様々な変遷を経て現在の形へと落ち着いた雛人形ですが、今でも女児が生まれた時には購入するという家庭が多い傾向にあります。準備の際には、女児の両親よりも祖父母がプレゼントとして購入するというケースが増えているようです。

男の子

選ぶときの注意点

男の子は物の扱いが荒いので、重くて大変だと軽さだけを重視してランドセルを選ぶとすぐに型崩れしてしまうことになるので注意してください。ランドセルを選ぶときには、親が選択肢を決めておくようにして、子供には好きな色を選ばせるようにしましょう。

詳しく見る

ランドセル

選択するときのポイント

ランドセルを選ぶときの最大のポイントは耐久性と軽さが両立したものを選ぶことで、メーカーや酒類については大人が選んでください。カラーについては子供の好きな色を選んでもらってもよく、キャラクターものは選ばないようにすることが無難です。

詳しく見る

女の子

入学時に必要です

人気の高いランドセルを見つけたいのであれば、人気ランキングサイトにアクセスしてみるのが良いでしょう。人気ランキングの発表だけではなく、口コミやメーカーホームページへのリンクなども貼られているケースがありますから、上手に利用してみましょう。

詳しく見る

赤ちゃん用品

出産祝いのお返しに贈る

出産内祝いは、出産祝いを贈ってもらった相手に対してお返しとして渡します。古くからある習慣として知られていますが、それ以外にも母子の状態を知らせる目的であったり、子供の名前を知らせる目的などとして必要とされています。

詳しく見る

女の子

初節句を迎える子供へ

雛人形を準備するためにはその時期や、購入方法を事前に調べておく必要があります。飾る時期は二月初めや中旬ごろをおすすめしますが、購入時期はさらにそれより一、二ヶ月遡ることで買い逃さないですみます。また現在はネット通販もあるので便利です。

詳しく見る

Copyright© 2018 時代によって変化する雛人形の魅力【上級武家の嫁入り道具】 All Rights Reserved.