出産祝いのお返しに贈る

赤ちゃん用品

なぜ必要かを知る

お祝い事があるときには周りからいろいろなお祝いをもらいます。なぜもらえるかといえば、お祝い事があったからです。単にお祝いの言葉をかけてもらうときもあれば、ご祝儀やお祝い品を贈られるときがあります。ではそのままにしておいてよいかですが、日本においては内祝いと呼ばれる習慣があります。何らかのお祝いを受けた時、それに対するお返しをする習慣です。出産内祝いは出産祝いをしてくれた人に対してお返しをするときに用意します。海外の人からするとお祝いのお返し、内祝いの意味合いが分からない人もいるようです。そして日本においても出産内祝いの意味合いが分からなくて何もしない人もいるようです。お祝いの中には確かにお返しを必要としないものもありますが、出産祝いに関しては出産内祝いをした方がいい理由もあります。それが分かっているといつ頃にどんなものを贈ればいいかなどもわかってきます。出産内祝いの目的として、お返し以外には産後の様子を知らせる意味合いがあります。出産に関するお知らせはするものの、母子の健康状態や子供の名前などはすぐには伝えられません。それをお返しの時に一緒に伝えます。そこで取る方法として、子供の名前を入れた商品を贈る方法があります。熨斗紙に子供の名前を入れたり、菓子などに直接名前を入れたりするときもあります。誰でも読める時でもフリガナを入れておくのが良いでしょう。母子の状態を伝えるためにも直接手渡しするのが良いとされますが、宅配でも問題ありません。

Copyright© 2018 時代によって変化する雛人形の魅力【上級武家の嫁入り道具】 All Rights Reserved.